トップページ > 評価・評定 > 事業単位メニュー > 新建築技術認定(BCJアグレマン)

新建築技術認定(BCJアグレマン)

一般財団法人日本建築センター(BCJ)は、自主評価業務として新建築技術認定事業(BCJアグレマン事業)を実施しています。(担当:認証部)
※2004年に、「建設技術審査証明(建築技術)」の対象技術範囲を「建築施工・保全技術」から「建築技術全般」へ拡大したため、ご要望に応じて「建設技術審査証明(建築技術)」をご案内しております。

新建築技術認定事業(BCJアグレマン事業)とは

「新技術認定マーク(AI(アイ)マーク)」
「新技術認定マーク(AI(アイ)マーク)」

環境負荷の低減に資するもので、社会的に通常必要とされる品質・性能を有する建築技術を対象に、評価・認定する事業です。


BCJ内に設けた各建築分野のエキスパートからなる認定委員会・専門委員会において、申込技術に応じた認定基準の設定と、その基準に基づく審査を行います。 対象となる建築技術は、以下のとおりです。

  1. 建築物・工作物又はそれらに用いる構法、材料、部品・部材、設備等
  2. 上記1の設計、施工、製造、運営・維持管理、解体等に関わる技術

また、申込技術は、以下の3項目全てに適合することが必要です。

 
  • (イ) 環境負荷の低減に資するものであること。
  • (ロ) 社会的に通常必要とされる品質・性能を有するものであること。
  • (ハ) 実現可能なものであること

認定手数料、関係資料、手続き等について

右記「お問い合わせ先」へ直接ご相談ください。
本事業のほか、ご相談内容に応じ、他の事業(例:建設技術審査証明(建築技術)、BCJ評定 など)のご利用を併せてご案内いたします。

アドビリーダーのダウンロードページ

PDFファイルをご覧いただくためにはアドビシステムズ社が無料配布しているAdobe® Reader™が必要です。お持ちでないかたはダウンロードしてご利用ください。