一般財団法人 日本建築センター The Building Center of Japan

日仏木造建築技術フォーラム

欧州では、近年、環境持続性の観点から、木造建築が見直されており、フランスでも、2009年制定の環境グルネル第一法に建築分野における木材利用の促進が盛り込まれたことを受け、政府系関係機関であるフランス建築科学技術センター(CSTB)は、関係機関の木材技術研究所(FCBA)と連携し、木造建築等の研究開発に取り組んでいます。
その一環として、木造建築の先進国のひとつである日本と情報交流を行いたいとの申し出が2010年の「日仏建築会議」の際にあったことを受け、2012年6月18日~21日の4日間、東京において、当センター同様にCSTBと長年交流のある独立行政法人建築研究所との共催で「日仏木造建築技術フォーラム」を実施しました。
フォーラムには、フランスから、CSTB、FCBAの他、建設会社、建築設計、資材製造者、不動産関係者ら21名が参加し、日仏の木造建築の概況、木造市場、木造建築技術及び規制等について情報交換を行いました。

◆CSTB及びFCBAが、フォーラムの報告書「Le secteur de la construction bois au Japon -Analyse et comparaison avec la situation francaise-」を作成しました。

当センターでは、両機関の許可を得て、その報告書を日本語に翻訳致しました。
仏文和訳版の報告書は、こちら からダウンロードしてご覧下さい。
会議風景

会議風景

視察風景

視察風景

建築住宅関係の国際会議に戻る