一般財団法人 日本建築センター The Building Center of Japan

一般財団法人日本建築センターメールマガジン -2022.05.12-

2022/05/12
  • メルマガ
■一般財団法人日本建築センター(BCJ)メールマガジン■──────────────────────>>>>> 2022.05.12発行                            https://www.bcj.or.jp/--------------------------------------------------------------------------街路樹の緑が、濃さを増してくる季節となり、街中には半袖姿も見られるようになりました。今年のゴールデンウイークは、皆様いかが過ごされましたでしょうか。5月と言えば新茶の季節ですが、新茶にはテアニンという高リラックス効果の物質が多く含まれ、生活リズムを整えるのに特に役立つそうです。休み明けで疲れた時は、新茶でも飲みながら、穏やかに過ごしたいですね。 それでは、BCJメールマガジン5月号をお届けいたします。===================================================【 目 次 】1■クールビズの実施について2■省エネ適合性判定業務の電子申請についてのご案内3■BCJウェブサイト更新情報(2022.4.14~2022.5.11)4■採用情報5■講習会のご案内6■機関誌「ビルデイングレター 2022.4月号」を発行しました7■「A QUICK LOOK AT HOUSING IN JAPAN (2022年3月版)」を掲載しました8■国土交通省関連情報―――――――――――――――――――――――――――――――――――――1■クールビズの実施について…………………………………………………………………………………………………省エネ・省CO2等の観点から「クールビズ」を実施します。 環境省の報道発表資料では、「クールビズ」の実施期間については、昨年同様、全国一律の期間の設定を行うことはせず、適切な温度での空調使用と各自の判断による快適で働きやすい軽装に取り組むことで、「クールビズ」の取り組みを推進していくことになっておりますが、BCJにおきましては、実施期間は、5月1日から9月30日までといたします。10月以降も暑い日が続きそうな場合は、延長することもあります。 また、取り組みとして、夏期の冷房温度の適正化と夏期軽装の励行をいたします。冷房温度を高めに設定し、職員は軽装で執務にあたらせていただきますので、 お越しになるお客様におかれましても、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――2■省エネ適合性判定業務の電子申請についてのご案内…………………………………………………………………………………………………省エネ適合性判定では、電子データ図書による事前審査を行っておりますが、本申請の受付は電子申請でも行っております。電子申請には、申請手続きのための来社が不要になるなど、時間や費用(印刷費、倉庫代など)の面でメリットがあります。ぜひご利用ください。
◇詳細はこちら https://www.bcj.or.jp/information/ict/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――3■BCJウェブサイト更新情報(2022.4.14~2022.5.11)…………………………………………………………………………………………………<評価・評定>◇委員会日程を更新しました(2022.5.9) https://www.bcj.or.jp/schedule/
◇「建設技術審査証明」取得技術一覧を更新しました(2022.5.11) https://www.bcj.or.jp/rating/bizunit/exam/#section02-2
<情報交流会 正会員専用ページ(※)>◇ビルデイングレター4月号(電子版)をアップしました(2022.4.26) https://www.bcj.or.jp/exchange/members/
<情報交流会 ビルデイングレター購読会員専用ページ(※)>◇ビルデイングレター4月号(電子版)をアップしました(2022. 4.26) https://www.bcj.or.jp/exchange/letter_members/
※情報交流会の正会員専用ページとビルデイングレター購読会員専用ページは 情報交流会の各会員の方限定のページです。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――4■採用情報…………………………………………………………………………………………………下記のとおり募集しています。
□本部:正規職員(建築技術系総合職):1名正規職員(確認検査部 建築確認検査員(構造担当)):1名正規職員(確認検査部 建築確認検査の設備審査担当):1名正規職員(住宅・環境審査部(環境評価関連業務の審査担当) :1名
□大阪事務所:正規職員(建築確認検査の設備審査(及び省エネ適合性判定の審査)担当):1名
◇詳細はこちら https://www.bcj.or.jp/guidance/recruit/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――5■講習会のご案内(1)6月開催講習会のご案内――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 1) 「構造設計シリーズ/RC造編(基礎1・2コース)」(対面方式)…………………………………………………………………………………………………<基礎1コース> 許容応力度計算、RC造建築物の構造計算演習  6月13日(月)~14日(火)9:30~17:00(定員30名)
<基礎2コース> 保有水平耐力計算、RC造建築物の構造計算演習  6月20日(月)~21日(火)10:00~17:00(定員30名)
◇詳細・お申込みはこちら  基礎1コース https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/646/  基礎2コース https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/647/
………………………………………………………………………………………………… 2) 「建築物の防火避難規定の解説2016(第2版)」(1日)(対面+オンライン方式)…………………………………………………………………………………………………※新型コロナウイルスの感染状況により、オンライン講習のみとさせていただく場合がありますので、ご了承下さい。   6月16日(木)10:00~17:00(定員:対面30名、オンライン150名)
◇詳細・お申込みはこちら(申込期限:6月7日(火))  https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/648/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――(2)WEB版動画講習会(オンデマンド配信)のご案内     以下の動画講習会を配信中です。――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 1)「建築物の耐風設計法プロ入門」…………………………………………………………………………………………………耐風設計の手順、風力係数、外装材・低層・大スパン・高層建築・塔状構造物・免震建物の耐風設計、風洞実験、数値流体解析(CFD)の利用に関する最新の情報をまとめた『建築物等の耐風設計法プロ入門』の発行に合わせ、執筆者から解説するセミナーです。  ◇詳細・お申込みはこちら   https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/649/
………………………………………………………………………………………………… 2)「ひとりで学べる木造の壁量設計演習(木造編/基礎1コース)前編・後編…………………………………………………………………………………………………本講習会は、木造の構造設計方法の理解と基本的実務の習得を目標に、講義と演習を行うものです。基礎1コースでは、2階建て木造軸組構造の壁量計算(手計算)に取り組むことにより、前編では建築基準法を、後編では住宅性能表示の各々の壁量計算について、学ぶことができます。
◇詳細・お申込みはこちら  https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/640/
………………………………………………………………………………………………… 3)「ひとりで学べる中層木造建築の構造計算演習(木造編/基礎2コース)前編・後編…………………………………………………………………………………………………本講習会は、中大規模木造の構造設計方法の理解と基本的実務の習得を目標に、講義と演習を行うものです。小規模木造と比べて、中大規模木造の構造設計を行う際に留意すべきポイントを分かりやすく講義します。
◇詳細・お申込みはこちら  https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/641/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――6■機関誌「ビルデイングレター 2022.4月号」を発行しました…………………………………………………………………………………………………4月号に掲載している主な記事は、次のとおりです。
【連載1】 我が国の鉄骨構造の技術的変遷  第3回  鉄骨造建物が受けた自然災害による震動被害以外の被害
【連載2】 日本の高層建築100年史  第4回  超高層前夜の「超高層」
【技術レポート】 免震構造と耐震構造を一体化したハイブリッド連結免震・制振構造を適用した 庁舎計画
 ― 敦賀市庁舎・敦賀美方消防組合消防庁舎の設計事例 ―
【法令情報】 日本住宅性能表示基準等の改正について
◇4月号の目次はこちら https://www.bcj.or.jp/upload/exchange/building_letter/2022/bltr677.pdf
◇ビルデイングレターは情報交流会会員のみなさまに毎月お届けしています。 情報交流会の詳細・入会のお申し込みはこちら https://www.bcj.or.jp/exchange/
◇ビルデイングレターの見本誌の無料送付をご希望の方はこちら https://www.bcj.or.jp/exchange/building_letter/ ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――7■「A QUICK LOOK AT HOUSING IN JAPAN (2022年3月版)」を掲載しました…………………………………………………………………………………………………「A QUICK LOOK AT HOUSING IN JAPAN 」(日本語版/英語版)は、日本の国土・気候、経済社会状況から住宅事情の変遷、日本の住宅政策(法制度、補助事業制度、住宅税制、技術開発など)を、コンパクトにわかりやすく解説した小冊子です。日本の住宅政策の概要を知りたい方や海外の方々に日本の住宅政策を紹介する際にご活用いただけます。
このたびデータを更新し、2022年3月版としてBCJウェブサイトに掲載しました。BCJウェブサイトより無償でダウンロードしていただけます。 
◇ダウンロードはこちら  https://www.bcj.or.jp/international/agenda/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――8■国土交通省関連情報…………………………………………………………………………………………………(1) 告示の公布について…………………………………………………………………………………………………4月27日付で「住宅性能評価の業務の公正な実施に支障を及ぼすおそれがあるものとして国土交通大臣が定める場合の一部を改正する件」(国土交通省告示第五百三十七号)が公布されております。
◇詳細は下記のサイトをご参照ください  https://kanpou.npb.go.jp/20220427/20220427h00724/20220427h007240005f.html
…………………………………………………………………………………………………(2) パブリックコメント…………………………………………………………………………………………………長期優良住宅の普及の促進に関する法律施行規則及び住宅の品質確保の促進等に関する法律施行規則の一部を改正する省令案等に関する意見募集について
案件番号:155220713 受付締切日時:2022年5月28日20時0分
◇詳細は下記のサイトをご参照ください https://public-comment.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=155220713&Mode=0
…………………………………………………………………………………………………(3) 報道発表資料…………………………………………………………………………………………………「脱炭素社会の実現に資するための建築物のエネルギー消費性能の向上に関する 法律等の一部を改正する法律案」を閣議決定 ~2050年CNの実現に向けて、建築物の省エネ化及び木材利用の促進を図ります!~
  https://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000920.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
本メールマガジンは、BCJウェブサイトでご登録いただいた方及び一般財団法人日本建築センターからの情報提供をご希望された方にお送りしています。
本メールマガジンに関するご意見・ご感想・ご質問、ご登録いただいた内容の変更、配信を希望されない場合のお手続きは、次のURLからお願いします。
 <ご意見・ご感想・ご質問>    https://www.bcj.or.jp/form/webmaster02/  <ご登録内容の変更>    https://www.bcj.or.jp/form/bcjmailmagazine2/  <配信停止>    https://www.bcj.or.jp/form/bcjmailstop/
…………………………………………………………………………………………………□発行元 一般財団法人日本建築センター https://www.bcj.or.jp/〒101-8986 東京都千代田区神田錦町1-9運営:一般財団法人日本建築センター 業務企画部TEL :03-5283-0463 FAX:03-5281-2822―――――――――――――――――――――――――――――――――――――(C)2004 The Building Center of Japan(BCJ)


ニュースに戻る