一般財団法人 日本建築センター The Building Center of Japan

  • トップページ
  • 講習会
  • >「地震による地盤と建物の揺れをイメージして耐震安全性を視(み)える化しよう!」

「地震による地盤と建物の揺れをイメージして耐震安全性を視(み)える化しよう!」

主催:(一財)日本建築センター 
協賛(予定):(一財)北海道建築指導センター、(一
 財)静岡県建築住宅まちづくりセンター、(公社)福岡県建築士会

 「地震によって地盤が振動することで建物はどのように揺れるのか?」を掘り下げて考えながら、一般的に高度で難しいといわれる「耐震安全性」について視(み)える化しながら、「地震応答の神髄(しんずい)」を分かりやすく解説します。

■「どのようなしくみで地震が発生するのか?」また、その耐震安全性をどのように視える化するかがテーマです! 『設計した建物がどれくらいの地震に耐えられるのか』 『耐震壁はどうしてこの場所に必要なのか』 『なぜ免震・制振装置をつける必要があるのか』等というように、設計者として、建築物の耐震安全性について発注者等(顧客)に分かりやすく納得できる説明を行うことが求められています。そのためには、「耐震安全性の視(み)える化」が重要です。 このセミナーでは、講義と小実験を通して「耐震設計の本質」を理解し、「耐震設計の専門でない方にも耐震安全性のしくみや地震応答について分かりやすく説明するための知識やヒント」を学ぶことができます。

 講習会案内はこちら

*本セミナーは、対面とオンラインの同時開催です。
   なお、コロナの感染状況により、オンライン講習のみとさせていただく場合がありますので、ご了承下さい

開催日時
 
令和4年3月17日(木)10:00~17:00 同時開催 

開催方式   
対面方式 
 
Zoomによるオンライン方式
申込み方法 3月8日(火)までに方式を選択して本サイトより申し込み (請求書到着後に入金) 
Zoom
関連作業 
なし

 ・Zoomアプリの事前ダウンロード(未ダウンロード時)
 Zoom最新版へのアップデート(セミナーに近い日時)

テキスト教材
(注意事項必読)

 事前に届くように、ご指定の住所にお送りします。
 ●対面方式の方は、当日会場に、全てのテキスト・教材をご持参下さい。
 (※会場では、配付しておりません)
 ●オンライン方式の方は、当日お手元に、テキスト・教材をご準備下さい。

当日
参加方法

 全てのテキスト・教材を会場へご持参の上、 
 その中に同封の【参加証】を受付にご提出
 下さい。 

3月14日(月)に送付【ID通知メール】に記載されている 
 「入室ミーティングID(数字)」 
 申込受付時に送付【申込受付メール】に記載されている
 「受講番号」 
 の両方を入力して、入室して下さい。

  →入室手順PDFはこちら(プリントアウト推奨)  
講義/質問方法
その他 
 会場における対面方式・座席指定
Zoom(ミーティング形式)によるライブ配信
質問はZoom機能を利用

【Zoomに関する留意事項】
・安定したインターネット環境下で受講下さい。また、Zoom、OS、ブラウザは、最新の状態にてご受講下さい。
・IE(インターネットエクスプローラ)を利用しての入室は、行わないで下さい。

カテゴリ 研修・セミナー > 構造
料金
前払い
一般:¥15,000(税込)
/
情報交流会正会員又は協賛団体会員:¥13,500(税込)
※お申し込みは本ページからのみとなります。(お一人様あたり一お申し込みにてお願い致します。複数人でお申し込みの場合は、それぞれお申し込み下さい。) 
※動画の一部又は全部を無断で複製、転載、改変、配布、販売、不特定又は多人数へ視聴させることは、固く禁止します。
使用テキスト
オリジナルの講義資料・実験教材
事前に届くように、ご指定の住所にお送りします。
●対面方式の方は、当日会場に、全てのテキスト・教材をご持参下さい。
 (※会場では、配付しておりません)
●オンライン方式の方は、当日お手元に、テキスト・教材をご準備下さい。

講習会に戻る