トップページ > 評価・評定 > カテゴリー別メニュー > 構造安全性 > 工法・構法(一般)の構造安全性審査

工法・構法(一般)の構造安全性審査

BCJと一般工法

BCJでは、1965年(昭和40年)の設立以来、特殊な建築材料又は構造方法を用いた建築物の構造安全性に関する技術評価を実施してきました。この技術評価は、個々の建築物や工作物を対象とする個別評価と工法・構法を対象とする一般評価に分類されます。一般評価は、建築物やその部分の構成方法について、設定された適用範囲のもとで、構造安全上支障がないか審査するものです。個々の建築プロジェクトの構造安全性を説明することもできますので、汎用性の高い技術評価といえます。

工法・構法(一般評定)の構造安全性に関する審査業務

  1. 工法・構法は使われる材料の種別によって鋼構造、木質構造及びコンクリート構造の3種類に大別されます。BCJは各構造ごとに委員会(鋼構造、木質構造及びコンクリート構造審査(評定)委員会)を設け審査を行っています。
  2. 審査業務は、建築基準法に基づく業務と自主事業として行う業務に分かれます。自主事業(評定業務)は、法的な規定はありませんが、取引先への説明等の際に、技術資料として利用していただくことができます。
  3. 複数の審査業務を同時にお申し込みいただいた場合で、審査の内容が重なるものについては同時並行的に審査をさせていただくことで効率化を図ることができます。(例えば、指定建築材料の性能評価と鉄鋼系柱脚工法の評定等)

性能評価業務(建築基準法関係)

特殊な構造方法を用いた建築物や高度な方法を用いて建築物の安全性を確認するときや、予め構造安全性を確認する場合には、国土交通大臣の認定を受ける必要があります。性能評価はこの大臣認定を受けるために必要な事前の審査を行うものです。

性能評価業務の流れを以下に示します。

性能評価業務の流れ

  • 性能評価申請
  • 審査委員会(受付)
  • 部会
  • 審査委員会(報告)
  • 性能評価書発行
  • 国土交通大臣認定申請
  • 国土交通大臣認定

性能評価業務において、工法・構法を対象とする一般評価には、以下のものがあります。

評定業務(BCJ自主業務)

評定業務は、建築物又は工作物の構法、材料、部品等について建築基準法令その他の技術的基準等に照らしてその性能を評価するものです。工法・構法を対象とする一般評定の有効期限は5年間です。

評定業務の流れを以下に示します。

評定業務の流れ

  • 評定申し込み
  • 評定委員会(受付)
  • 部会
  • 評定委員会(報告)
  • 評定書発行

コンクリート構造関係

  1. 鉄筋継手
  2. 梁貫通孔補強筋
  3. 合成床板工法
  4. 高強度せん断補強筋
  5. 機械式定着工法
  6. 外殻プレキャスト柱工法
  7. プレストレスト定着工法

鋼構造関係

  1. 鉄鋼系柱脚工法
  2. 鉄鋼系柱梁接合工法
  3. 座屈補剛筋違筋
  4. 合成床板工法

木質構造

  1. 接合工法

基礎構造

  1. 遠心力高強度プレストレストコンクリート杭等
  2. 外殻鋼管付きコンクリート杭
  3. 基礎杭の無溶接継手
  4. PC鋼材の高温リラクセーション値
  5. 杭頭接合工法
  6. 場所打ちコンクリート拡底杭
  7. 場所打ちコンクリート地中壁
  8. 場所打ち鋼管コンクリート杭

BCJにおいて評定を取得するメリット等

  1. 評定の結果を示す評定書及び評定報告書は、お取引先への説明等の際に、技術的説明資料として活用していただけます。
  2. 工法・構法の広告、パンフレット等に第三者機関であるBCJの技術評価を受けていることを示すことができます。

お問合せ先

一般財団法人日本建築センター
評定部

TEL:03-5283-0464
FAX:03-5281-2823

構造課

TEL:03-5283-0465
FAX:03-5281-2823

設備防災課

TEL:03-5283-0466
FAX:03-5281-2823

住宅課

TEL:03-5283-0467
FAX:03-5281-2823

営業時間:9:15~17:45
※土日・祝祭日・年末年始等を除く

お問合せ

本業務に関する苦情

  • 申請様式等のダウンロード
  • 手数料一覧
  • 委員会日程
  • 所在地
  • お問合せ先一覧
  • 大阪事務所
  • 講習会
  • 書籍販売
  • ビルデイングレター
  • メールマガジン
  • 採用情報