トップページ > ニュース > 構造計算適合性判定の業務区域の拡大【長野県・愛知県・三重県】

構造計算適合性判定の業務区域の拡大【長野県・愛知県・三重県】

平成27年8月20日より長野県、9月2日より愛知県から、構造計算適合性判定業務の委任を受け、 全国44都道府県において業務を実施できるようになりました。

また、三重県の対象建築物が拡大されました。
詳しい業務範囲は「各都道府県からの委任状況」をご覧ください。

【長野県】判定を要する全ての建築物

【愛知県】1.床面積の合計が10,000㎡を超える建築物
      2.令第81条第2項第一号ロに定める構造計算による建築物

【三重県】「床面積が5,000㎡を超える建築物」が、追加されました。
      (これまでの対象建築物は「令第81条第2項第一号ロに定める構造計算による建築物」等でした。)

◇「各都道府県からの委任状況」はこちら
 http://www.bcj.or.jp/c14_judgment/sphere/area.html

2015年9月 2日 15:32 |

アーカイブ