一般財団法人 日本建築センター The Building Center of Japan

一般財団法人日本建築センターメールマガジン -2019.6.6-

2019/06/06
  • メルマガ
■一般財団法人日本建築センター(BCJ)メールマガジン■
────────────────────>>>>> 2019.06.06発行
                          https://www.bcj.or.jp/
----------------------------------------------------------------------------
---------
「梅雨」という言葉には"梅が熟す時期の雨"という意味もあるそうです。
最近、青梅が売られているのを見かけるようになりました。
自家製の梅シロップや梅酒は自分好みの味に調節できるのでおすすめです。
完成までに少し時間がかかりますが、雨の日の休日に家でのんびり手作り梅シロップ
を作ってリフレッシュするのはいかがでしょうか。

それでは、BCJメールマガジン6月号をお届けいたします。
===================================================
【 目 次 】
1■非常用EV乗降ロビー等及び特別避難階段付室等の防排煙性能に係る性能評価
    業務を開始しました
2■「IYSHハウジング・セミナー」実施及び参加者募集のお知らせ
3■講習会のご案内
4■機関誌「ビルデイングレター 2019.5月号」を発行しました
5■採用情報
6■国土交通省関連情報
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1■非常用EV乗降ロビー等及び特別避難階段付室等の防排煙性能に係る性能評価
業務を開始しました
…………………………………………………………………………………………………
日本建築センターでは、建築基準法施行令の改正を受け、施行令第123条第3項
第二号及び施行令第129条の13の3第13項に基づく「特別避難階段の階段室又は
付室の防排煙性能」及び「非常用エレベーターの昇降路又は乗降ロビーの防排煙性能」
の性能評価業務を開始しましたのでご利用ください。

◇お問い合わせはこちら
評定部設備防災課 03-5283-0466

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2■「IYSHハウジング・セミナー」実施及び参加者募集のお知らせ
…………………………………………………………………………………………………
IYSHハウジング・セミナーは、国際居住年(IYSH)記念事業のひとつとして、開発
途上国等から来日している留学生及び研修生を対象に、日本の住宅・都市整備に関
する講義、見学、意見交換、レポート発表等を行うプログラムです。

令和元年度は、9月9日(月)~9月13日(金)に実施します。
現在参加者を募集しておりますのでぜひご応募ください。

多数のご応募をお待ちしております。

応募締切:7月12日(金)

◇昨年の様子、募集案内の掲載はこちら
https://www.bcj.or.jp/international/training/training02/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3■講習会のご案内
…………………………………………………………………………………………………
│NEW!「ISO9001・14001内部監査員養成」セミナー
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ISO9001規格・ISO14001規格の解説と建設・設計実務を想定した内部監査手順
の解説・演習の2日間セミナーです。
本セミナーの1日目及び2日目は、それぞれで完結する内容となっており、
1日目又は2日目だけの受講も可能です。
なお、各講習を修了した方には、修了証を交付します。

(1)ISO9001(品質マネジメントシステム)セミナー
◇日時
7月8日(月)~9日(火)09:30~17:30 東京
◇詳細はこちら
https://www.bcj.or.jp/upload/seminar/541.pdf
◇お申し込みはこちら
https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/541/

(2)ISO14001(環境マネジメントシステム)セミナー
◇開催日時・開催地
7月10日(水)~11日(木)09:30~17:30 東京
◇詳細はこちら
https://www.bcj.or.jp/upload/seminar/542.pdf
◇お申し込みはこちら
https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/542/

…………………………………………………………………………………………………
│【リニューアル】1日コース「建築物の防火避難規定の解説2016」講習会
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「建築物の防火避難規定の解説2016(第2刷以降)」をテキストとした定例講習会
を開催致します。
原則として2018年6月27日公布の防火・避難に関する規定の整備等の改正内容
(木造建築物の耐火性能、大規模建築物の区画等の規制の合理化)の解説は、含ん
でおりません。

◇開催日時・開催地
7月18日(木)10:00~17:00 東京
8月1日 (木)10:00~17:00 大阪

◇詳細はこちら
https://www.bcj.or.jp/upload/seminar/546.pdf

◇お申し込みはこちら
https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/546/

…………………………………………………………………………………………………
│2019年度 BCJ技術セミナー「構造設計シリーズ/RC造・S造・木造編」
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――
(1)RC造編(基礎1~3コース)
RC造の構造設計方法の理解と基本的実務の習得を目標に、耐震設計の考え方
や構造計算の手順について講義と演習を行います。
◇詳細はこちら
https://www.bcj.or.jp/upload/seminar/536.pdf

<基礎1コース>  許容応力度計算について(2日間)
6月3日 (月)~4日 (火)09:30~17:00 東京
6月14日(金)~15日(土)09:30~17:00 大阪
◇お申し込みはこちら
https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/536/

<基礎2コース>  保有水平耐力計算について(2日間)
7月29日(月)~30日(火)10:00~17:00 東京
8月8日 (木)~9日 (金)10:00~17:00 大阪
◇お申し込みはこちら
https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/537/

<基礎3コース>  限界耐力計算について(1日)
7月31日(水)10:00~17:00 東京
◇お申し込みはこちら
https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/538/

※基礎1コースと基礎2・3コースの開始時刻が異なりますので、ご注意下さい。

(2)S造編(基礎1・2コース)
S造の構造設計方法の理解と基本的実務の習得を目標に、耐震設計の考え方や
構造計算の手順について講義と演習を行います。
◇詳細はこちら
https://www.bcj.or.jp/upload/seminar/547.pdf

<基礎1コース>  S造の許容応力度計算について
2019年9月17日 (火)~18日(水)10:00~17:00 東京
2019年10月11日(金)~12日(土)10:00~17:00 大阪
◇お申し込みはこちら
https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/547/

<基礎2コース>  S造の保有水平耐力計算について
2019年10月9日(水)~10日(木)10:00~17:00 東京
2019年11月1日(金)~2日 (土)10:00~17:00 大阪
◇お申し込みはこちら
https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/548/

※「荷重拾い」等構造計算における初歩的な計算段階から取り組んでみたいと
いう方には、RC造編基礎1コースからの受講をおすすめします。

(3)木造編(基礎1・2コース)
木造の構造設計方法の理解と基本的実務の習得を目標に講義と演習を行う2日
間セミナーです。

<基礎1コース>  壁量計算について
6月24日(月)~25日(火)10:00~17:00 東京
◇詳細はこちら
https://www.bcj.or.jp/upload/seminar/539.pdf
◇お申し込みはこちら
https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/539/

<基礎2コース>  中大規模木造
(大断面集成材ラーメン構造)
8月26日(月)~27日(火)10:00~17:00 東京
◇詳細はこちら
https://www.bcj.or.jp/upload/seminar/540.pdf
◇お申し込みはこちら
https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/540/

※「基礎2コース」は、木造ながらS造やRC造と同じレベルの構造計算に
関する知識が求められます。ルート1~2までの計算方法について、
ご理解の上ご受講下さい。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4■機関誌「ビルデイングレター 2019.5月号」を発行しました
…………………………………………………………………………………………………
5月号に掲載している主な記事は、次のとおりです。

【調査レポート】
  建築基準法等に係る技術基準整備のための検討について(平成29年度報告)
「長期優良住宅における鉄筋コンクリート壁式構造の損傷防止性能の評価の合理化
に関する検討 」

【法令情報】
昭和50年消防庁告示第14号(消防用設備等の点検の基準及び消防用設備等点検結果
報告書に添付する点検票の様式)の一部を改正する件及び平成16年消防庁告示第9号
(消防法施行規則第31条の6第1項及び第3項の規定に基づく消防用設備等又は特殊
消防用設備等の種類及び点検内容に応じて行う点検の期間、点検の方法並びに点検の
結果についての報告書の様式)の一部を改正する件について

【質問と回答】
「既存建築物の吹付けアスベスト粉じん飛散防止処理技術指針・同解説2018」講習会
における質問と回答

◇5月号の目次はこちら
https://www.bcj.or.jp/upload/exchange/building_letter/2019/bltr641.pdf

◇ビルデイングレターは、情報交流会会員のみなさまに毎月お届けしています。
https://www.bcj.or.jp/exchange/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
5■採用情報
…………………………………………………………………………………………………
下記のとおり募集しています。

□本部:
 正規職員(構造判定部 構造計算適合性判定員):1名
 正規職員(建築確認検査員 構造担当):1名
 正規職員(建築構造技術系):1名

□大阪事務所:
 正規職員(大阪事務所 構造計算適合性判定員):1名
 正規職員(大阪事務所 構造計算適合性判定補助員):1名

◇詳細はこちら
https://www.bcj.or.jp/guidance/recruit/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
6■国土交通省関連情報
    パブリックコメント(意見募集中案件)について
…………………………………………………………………………………………………
(1)建築基準法の一部を改正する法律の施行に伴う既存不適格建築物に係る、助言等
に関するガイドラインの策定に向けた検討案の意見を募集しています。

案件番号:155190709 受付締切日:2019年06月18日

◇詳細は下記のサイトをご参照ください。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=155190709&Mode=0

(2)建築基準法の一部を改正する法律の施行に伴う全体計画認定に係るガイドラインの
改正に向けた検討案に関する意見を募集しております。

案件番号:155190710 受付締切日:2019年06月18日

◇詳細は下記のサイトをご参照ください。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=155190710&Mode=0

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
本メールマガジンは、BCJウェブサイトでご登録いただいた方及び一般財団
法人日本建築センターからの情報提供をご希望された方にお送りしています。

本メールマガジンに関するご意見・ご感想・ご質問、ご登録いただいた内容
の変更、配信を希望されない場合のお手続きは、次のURLからお願いします。

          <ご意見・ご感想・ご質問>
            https://www.bcj.or.jp/form/webmaster02/
          <ご登録内容の変更>
            https://www.bcj.or.jp/form/bcjmailmagazine2/
          <配信停止>
            https://www.bcj.or.jp/form/bcjmailstop/

…………………………………………………………………………………………………
□発行元 一般財団法人日本建築センター https://www.bcj.or.jp/
〒101-8986 東京都千代田区神田錦町1-9
運営:一般財団法人日本建築センター 業務企画部
TEL :03-5283-0463 FAX:03-5281-2822
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
(C)2004 The Building Center of Japan(BCJ)

ニュースに戻る