一般財団法人 日本建築センター The Building Center of Japan

【講習会と出版情報等メールマガジン】最新号より

2020/09/15
  • 講習・書籍
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.新設!WEB版動画講習会「ひとりで学べるRC造建築物の構造計算演習」(通年配信開始)
 当財団が毎年開催し、好評を博している「技術セミナー/構造設計シリーズRC造編」(2日間)のWEB版動画講習会の配信を開始しました。
 テキスト執筆者である、椛山健二先生、楠 浩一先生を講師に迎え、実際の講習会と同様に(通常の2日間の講義内容を全て網羅)、講義と計算演習(関数電卓の手計算)の取り組み方法について解説する内容で、自学自習で学べるプログラムとなっています。
 「基礎1コース(許容応力度計算)」は前編・中編・後編の3部構成、「基礎2コース(保有水平耐力計算)」は前編・後編の2部構成で、それぞれ各編ごとに、学習順序に従って講義を視聴した後、テキスト付録の演習シートを使いながら、「ひとりでやってみよう」(演習問題)に取り組む構成になっています。
 なお、テキスト「ひとりで学べるRC造建築物の構造計算演習帳【許容応力度計算編】、【保有水平耐力計算編】」は、各々事前にご購入の上(※全国の書店又は当財団で注文・購入することができます)、ご受講下さい。
 本セミナーは、建築CPD情報提供制度認定プログラムとなっており、通常の講習会と同様に、同CPDポイントが付与されます。
(1)基礎1コース(許容応力度計算)
■プログラム
○前編(151分)
 内容:はじめに、使用材料、準備計算(荷重拾い等)
 受講料(税込):10,000円
○中編(152分)
 内容:鉛直荷重時応力の算定、水平荷重時応力の算定
 受講料(税込):10,000円
○後編(217分)
 内容:大梁の断面算定、柱の断面算定、柱梁接合部の設計
 受講料(税込):10,000円
■テキスト(※全国の書店又は当財団で注文・購入することができます)
書籍名:ひとりで学べるRC造建築物の構造計算演習帳【許容応力度計算編】(第3版第2刷)
発 行:一般財団法人 日本建築センター
定価(税込):4,180円
ISBNコード:978-4-88910-171-3
■講習会概要はこちら
https://www.bcj.or.jp/upload/src/webrc1.pdf
■本講習会HP・お申込みはこちら
https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/597/
■動画の視聴方法はこちら
https://www.bcj.or.jp/upload/seminar/webseminar.pdf
■お支払い方法:クレジット払い
(2)基礎2コース(保有水平耐力計算)
■プログラム
○前編(198分)
 内容:2次設計とは、部材耐力等特性値の計算、崩壊メカニズムと保有水平耐力
 受講料(税込):10,000円
○後編(179分)
 内容:必要保有水平耐力の算出、保有水平耐力の算出と保証設計
 受講料(税込):10,000円
■テキスト(※全国の書店又は当財団で注文・購入することができます)
書籍名:ひとりで学べるRC造建築物の構造計算演習帳【保有水平耐力計算編】(第3版第2刷)
発 行:一般財団法人 日本建築センター
定価(税込):4,180円
ISBNコード:978-4-88910-168-3
■講習会概要はこちら
https://www.bcj.or.jp/upload/src/webrc2.pdf
■本講習会HP・お申込みはこちら
https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/600/
■動画の視聴方法はこちら
https://www.bcj.or.jp/upload/seminar/webseminar.pdf
■お支払い方法:クレジット払い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.NEW!Zoom版オンラインセミナー「地震による地盤と建物の揺れをイメージして耐震安全性を視(み)える化しよう!」(10月)
 『設計した建物がどれくらいの地震に耐えられるのか』、『耐震壁はどうしてこの場所に必要なのか』、『なぜ免震・制振装置をつける必要があるのか』等というように、設計者として、建築物の耐震安全性について発注者等(顧客)に分かりやすく納得できる説明を行うことが求められています。そのためには、「耐震安全性の視(み)える化」が重要です。
 このセミナーでは、講義と小実験(映像)を通して「耐震設計の本質」を理解していただくと共に、「耐震設計の専門でない方にも耐震安全性のしくみや地震応答について分かりやすく説明するための知識やヒント」を学んでいただけます。
  今回は、下記の日程でZoom版オンラインセミナーとして開催するため、前払制となります。
■開催日時
10月20日(火)09:30~16:30
◆詳細はこちら
https://www.bcj.or.jp/upload/src/mierukazoom.pdf
■お申し込みはこちら
https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/603/
■お支払い方法:オンライン開催に伴う前払制です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.NEW!実務上のポイントを踏まえて解説する「建築物の防火避難規定の解説2016」フォローアップ(1日)セミナー(12月 大阪・東京)
 本講習会は、「建築物の防火避難規定の解説 2016」講習会の防火避難規定解説に加え、当該講習会における質問のアフターフォロー、主要都市における防火避難規定の取扱いに関する条例等も紹介しながら、より実務に即した具体的な解説・情報提供を行う内容となっています。「建築物の防火避難規定の解説 2016」講習会を受講された方々のフォローアップセミナーとしてもお役立て下さい。
※新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じて開催します。詳細はこちら
https://www.bcj.or.jp/seminar/
■開催日時・開催地
2020年12月3日(木)10:00~17:00 大阪
2020年12月10日(木)10:00~17:00 東京
◆詳細はこちら
https://www.bcj.or.jp/upload/seminar/598.pdf
■お申し込みはこちら
https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/598/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.NEW!「建設・設計分野におけるISO9001・14001内部監査員養成」セミナー(12月 東京)
(1)ISO9001セミナー
 ISO9001規格(品質マネジメントシステム)の解説(1日目)と建設・設計実務を想定した内部監査手順の解説・演習(2日目)の2日間セミナーです。
  本セミナーの1日目(規格解説の講習)及び2日目(内部監査手順の解説・演習の講習)は、それぞれで完結する内容となっており、1日目又は2日目だけの受講も可能です。
 なお、各講習を修了した方には、修了証を交付します。
※新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じて開催します。詳細はこちら
https://www.bcj.or.jp/seminar/
■開催日時・開催地
2020年12月1日(火)~2日(水)(2日間)09:30~17:30 東京
2020年12月1日(火)(1日目)のみ 09:30~17:30 東京
2020年12月2日(水)(2日目)のみ 09:30~17:30 東京
◆詳細はこちら
https://www.bcj.or.jp/upload/seminar/599.pdf
■お申し込みはこちら
https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/599/
(2)ISO14001セミナー
 ISO14001規格(環境マネジメントシステム)及び環境法令の解説(1日目)と建設・設計実務を想定した内部監査手順の解説・演習(2日目)の2日間セミナーです。
  本セミナーの1日目(規格・環境法令の解説の講習)及び2日目(内部監査手順の解説・演習の講習)は、それぞれで完結する内容となっており、1日目又は2日目だけの受講も可能です。
 なお、各講習を修了した方には、修了証を交付します。
※新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じて開催します。詳細はこちら
https://www.bcj.or.jp/seminar/
■開催日時・開催地
2020年12月8日(火)~9日(水)(2日間)09:30~17:30 東京
2020年12月8日(火)(1日目)のみ 09:30~17:30 東京
2020年12月9日(水)(2日目)のみ 09:30~17:30 東京
◆詳細はこちら
https://www.bcj.or.jp/upload/seminar/601.pdf
■お申し込みはこちら
https://www.bcj.or.jp/seminar/detail/601/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
◆上記以外の講習会は→「これから開催される講習会」(下記アドレス)
 https://www.bcj.or.jp/c15_course/index.php
◆書籍関係のお申し込みは→「書籍販売」(下記アドレス)
  https://www.bcj.or.jp/publication/
◇定期的に(月1~2回程度)「最新情報」を希望する方は→「メルマガ登録」(下記アドレス)
  https://www.bcj.or.jp/form/mail.cgi?id=bcjmailmagazine
◇割引きサービス等にご興味をお持ちの方は→「情報交流会のご案内」(下記アドレス)
  https://www.bcj.or.jp/c17_exchange/index.html
 をご覧下さい。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元 一般財団法人 日本建築センター 情報事業部

ニュースに戻る