一般財団法人 日本建築センター The Building Center of Japan

書籍販売

〇当サイトでご注文いただいた書籍は、以下の支払い方法があります。

①クレジットカード決済
・VISA・Mastercard・JCB・American Express・Diners Clubがご利用いただけます。
・書籍と領収証・納品書をお送りいたします。
・クレジットカード決済の場合、当サイトではMicrosoft Edge、Google Chrome、Safari の最新版のご利用を推奨しております。
②代金引換
・ヤマト運輸の宅急便コレクト(書籍のお届けと引き替えに書籍代金と【送料】を配達員にお支払いいただくシステムです。お届け時のお支払いは、現金、クレジットカード、電子マネー、デビットカードから選択可能です。)
・書籍とご利用明細書・納品書をお送りいたします。ヤマト運輸の配送伝票が領収証となります。
③請求書
・請求書でのお支払いの場合は、ご入金後に書籍と納品書をお送りいたします。

〇情報交流会の正会員は10%引き価格でご購入いただけます。直接、当サイトでご注文ください。

〇書籍によって、全国官報販売協同組合、Amazon、ハイブリッド総合書店hontoでも取り扱っています。  

2件中1~2件を表示

書籍画像
書籍名

これからの工務店経営とSDGs(持続可能な開発目標)

一般価格
2,750円(税込)
情報交流会 正会員価格
2,470円(税込)10%引

ISBNコード:978-4-88910-181-2
発行所: (一財)日本建築センター

( 本書「はじめに」より一部抜粋 )----------- 工務店業界は、現在様々の課題に直面しています。例えば、人口減少と人手不足、建築ストックの高齢化と新築需要の減少など、直面する課題の解決と新たな経営環境への対応という意味で、工務店業界は体質改善の必要性に迫られています。工務店業界の活性化は地方創生のためにも必須であり、この時点においてSDGsという社会変革を目指す新たなツールの導入により業界の体質改善を図ることは適切な取組であると考えます。本書は、中小の工務店を対象にSDGs導入のガイドラインとして編集されたもので、先行的に2019年2月に発刊された書籍「建築産業にとってのSDGs-導入のためのガイドライン」の姉妹編となるものです。本書が、住宅供給に参画する地域の工務店、施主、地方自治体、建築関連産業、金融機関等のステークホルダーのコミュニケーションツールとして活用され、工務店を含む地域社会の活性化に貢献するよう期待しております。-----------------------*これからの工務店経営における、SDGs導入のプロセスをイメージして「工務店はなぜSDGsに取り組むべきなのか」、「いかにしてSDGsに取り組むか」をわかりやすく解説し、優れた事例を多く収録しました。巻末に、工務店のSDGs導入の手がかりとなる「工務店が取り組むSDGsの実践事例」、「後づけマッピングの事例」、「先付けマッピングの事例」及び「指標設定の事例」を収録しています。書店、官報販売所、東京建築士会、大阪府建築家協同組合でお取り扱いしております。

建築産業にとってのSDGs(持続可能な開発目標)-導入のためのガイドライン-

一般価格
2,750円(税込)
情報交流会 正会員価格
2,470円(税込)10%引

ISBNコード:978-4-88910-175-1
発行所: (一財)日本建築センター

SDGs-Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)は、2015年9月に国連持続可能な開発サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中核をなすもので、17のゴール、169のターゲットから構成されるグローバルな開発目標です。国連、政府等の公的機関や経団連等の民間機関により、SDGs達成に向けた取組の必要性が謳われています。本ガイドラインは、建築産業がSDGsにどのように関係していて、どのように取り組むべきかを示すものです。建築産業のSDGs導入の手がかりとなるSDGsのターゲット指標、取り組むべき活動事例、SDGsチェックリストも収録しています。英語版、概要紹介資料(無料ダウンロード)があります。書店、官報販売所、東京建築士会、大阪府建築家協同組合でお取り扱いしております。

※表示価格は全て税込価格です。

2件中1~10件を表示

トップページに戻る