一般財団法人 日本建築センター The Building Center of Japan

  • トップページ
  • >書籍販売
  • >性能評価を踏まえた超高層建築物の構造設計実務 ─超高層・免震建築物の構造設計者が実際に行ってきた検討と判断を集大成─

性能評価を踏まえた超高層建築物の構造設計実務 ─超高層・免震建築物の構造設計者が実際に行ってきた検討と判断を集大成─

¥ 11,000 ¥ 9,900
数量
必須
一般価格
11,000円(税込)
情報交流会 正会員価格 10%引き
9,900円(税込)

「評価・評定を踏まえた高層建築物の構造設計実務」を改訂しました。

今回の改訂では、2000年以降急増している制振構造を増強するとともに免震構造の章を新たに追加しました。また、2014年4月1日に施行された特定天井に関する内容を追加するとともに、近年大きな課題となっている 長周期地震動に関する技術資料を追加し、耐風設計において今後の活用が期待されるCFD(流体解析)に関する 技術資料を追加するなど、現時点の最新知見をもとに、可能な限り設計例や検討例を更新・追加しました。

書店、官報販売所、東京建築士会、大阪府建築家協同組合でお取り扱いいたします。

お申込者が【情報交流会正会員(Eで始まる会員番号)】の場合、送料は一律300円のサービス価格となります。※ご注文確定後にお送りする自動返信メールの送料は、サービス価格となっておりませんのでご了承下さい。

カテゴリ 構造
本体価格(税抜) 10,000円 (税抜)
在庫量
発行 第1版 第1刷
重さ 1.3 kg
サイズ A4
ページ数 504
ISBNコード 978-4-88910-179-9
発行所 (一財)日本建築センター
編集 「超高層建築物の構造設計実務」編集委員会
初版発行日 2019年07月30日
最新刷り発行日付 2019年07月30日
BCJコード 2-1085
ご購入 書店、官報販売所、協力団体、BCJ

書籍一覧に戻る